足病変の予防

当クリニックでは、糖尿病の患者さんを対象に足のケアを行っています。
小さな傷などが重症化しないように普段から自分の足に目を向けて頂き、早期発見、早期治療に努めております。
糖尿病で血糖が高い状態が続くと、足の痛みが感じにくくなったり、小さい傷が知らない内に悪化し、最悪の場合、足を切断することもあります。

ポイントは靴と靴

  • 壊疽の原因の69%は靴擦れ
  • まず正しい靴選びから
  • 靴下の選び方
  • 日常生活の注意

詳しく見る

フットケア

足をこまめにチェック

毎日足を観察する習慣をつけましょう。足に傷やタコ、靴擦れが出来ていても、自分では気づかないこともあります。
見えにくい所は鏡を用いて自分で見たり、家族の人に見てもらうなど、こまめに足をチェックしましょう。
※アークレイ株式会社発行「糖尿病による足のトラブルを予防する~いつまでも元気に歩くため~」より

  • 自分の足をチェックしよう
  • 爪のお手入れ
  • 毎日のお手入れ

詳しく見る

巻き爪

  • 何が原因なの?
  • 症状は?
  • では、どうしたら良いでしょう?
  • これって治るの?
  • 巻き爪治療

詳しく見る

当院の足外来

10:30~16:30 現在、予約は受け付けていません。

電話:017-766-9107

時間日祝
10:30〜12:30×
15:00〜16:30×

次の記事

タバコの影響