巻き爪の原因には、大きく分けて2つあります。

●先天性のもので、遺伝によって起こるもの

●後天性のもので、主に足の環境(靴やお手入れ)などから起こるもの

 最近多く見られるのが、足の環境から起こる巻き爪です。女性の場合、

先の尖った窮屈な靴やサイズが合わない靴、ヒールの高い靴、つま先を締

め付けるストッキングなど。男性の場合も同じように靴に原因がある場合

が多いようです。深爪 も巻き爪の原因になります。

 
 

 

 爪体の外側の部分が内側に巻き込むため、痛みが出ます。ひどくなると

化膿したり、肉芽が出たりします。

 爪が変形してくると、痛くてうまく歩行できなくなります。

 
 

 

 まず、深爪をしないこと!巻き爪の方にとって、爪を短くし、角を取っ

てしまうことは、痛みも和らいで良くなった感じに思うでしょう。角を落

したつもりでも、少し残ってしまいトゲになって皮膚を刺すこともあり

ます。これも悪化させる原因です。角を丸く落としてはいけません。角を

落とすのは、爪が引っかからない程度で良いです。

 靴にも注意しましょう。自分の足に合った靴を履きましょう!一般に

言われている窮屈な靴は、足の骨が変形し、足が痛んでしまいます。では、

大きい靴はどうでしょう?大きすぎる靴も問題です。これも、足の変形に

つながります。自分の足に合った靴を履くことは、とても大切なのです。

 
 

 

 巻き込んでしまった爪は、自然に元の形に戻ることは望めません。手術

という手段もありますが、当院では、足に負担の少ない巻き爪矯正をお勧

めします。

 
 

 



視力矯正はメガネを使いますが、爪の場合、金属のワイヤーやグラスファ

イバーでできたプレートなどを使い、巻き込んでしまった爪を正常な形に

戻します。ここでは、その一つを紹介します。

VHO方式について

 この方式は、チタンワイヤーを使い矯正します。短く切ってしまった爪

はもちろん、様々な状態にも対応できる方式です。

 

 1.爪の周囲をケアします。

 2.爪の形に合わせてワイヤーを作り、爪の両

   端に引っ掛けます。

 3.中央を引っ掛け、少しずつ巻き、テンショ

   ンをかけます。

 4.パーツを切り取り、表面を滑らかにします。

 5.引っ掛からないように専用の樹脂で固定し

   ます。

 6.平らに爪の形を整え終了

 
 

初回から2〜3ヶ月後、ワイヤーを掛け直すことに

なります。爪の状態にもよりますが、正常な爪にな

るまで6ヶ月程かかります。装着後は、違和感なく

生活できます。