右のグラフが示すように、足のトラブルは靴ずれか

起こることがとても多いようです。糖尿病の場合、

このような軽い傷が知らず知らず壊疽へと進展してい

きます。

 靴ずれの大部分は、履き慣れた靴からです。

 

 

●靴は足にフィットしたものを選びましょう。

●新しい靴を買うとき

 ・いちばん足が大きくなる夕方に。

 ・長時間履かず、徐々に慣らす。

●長時間歩くとき

 ・運動靴など革が柔らかく、クッション性のあるものを選びましょう。

 

 

●血流障害を防ぐため、足を締めつけず、サイズの合ったもの

●自分の足の性質に合ったもの

 ・脂性の方、白癬がある方(水虫)・・・通気性のよいもの

       白癬がある方・・・・・・・・・・・5本指靴下がお薦めです

 ・角化、乾燥の方・・・・・・・・・・・・・・・・・・・保湿性のよいもの

 ・冷感のある方・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・保温性のよいもの

 ・閉塞性動脈硬化症のある方・・・・・・・・・保温性のよいもの

 ・糖尿病性神経障害のある方・・・・・・・・・靴と足のクッションの役割、

                   保温性、免荷性のあるもの

                  (ゴルフなどで使われているものなど)

●色は白がお薦め・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小さな傷からの出血、浸出液を見つけ
                   やすい。

 
   
 

 ケガ予防のため、素足は避け、い

つも靴下を履くことが大切です。ホ

ームカバーを使用するのも有効です。

民間療法、健康器具にも気をつけま

しょう。毎日履き替えて清潔に保ち

ましょう。

 

 

●禁煙

 たばこに含まれるニコチンが血管を収縮させ、血流障害を悪化させます。

●毎日の観察・お手入れ

●適度な運動:靴ずれ・外傷に注意しましょう。

●保温:低温やけどに注意しましょう。

 神経障害があると、温度感覚が鈍くなります。低温やけどに十分注意しま

 ょう。

 お風呂だけでなく、こたつ、ヒーターなどは温度調節に注意して使いまし

 う。

 就寝時に足が冷える場合も、湯たんぽなどは使わず靴下を履いて寝ましょ

 う。

●いつも足は清潔に保ちましょう。

 感染予防のため、足を清潔に保ちましょう。汗や汚れを放っておいてはいけ

 ません。

 足が濡れてふやけやすい雨の日、また、汗をかきやすい夏は特に注意が必要

 です。